ピル(トリキュラー等)体験

私のピル体験談です

ピル体験談をネットに載せている女性

避妊効果のあるピルには皮脂を抑える作用がある

低用量ピルの効果が出やすいのは、あご、口まわり、ほお、首、などのフェイスラインにできる大人ニキビ生理前になると、黄体ホルモン(プロゲステロン)の分泌量が高まります。黄体ホルモンには皮脂を分泌させる作用があるので、生理前になるとニキビができやすくなります。
皮脂が過剰分泌されると、毛穴が詰まり白ニキビになります。毛穴の中でアクネ菌が暴れ始めると赤ニキビという炎症性のニキビになります。
一度出来た場所にはニキビができやすくなるので厄介です。原因は黄体ホルモンによる皮脂の分泌量の増加なので、これを抑えてあげればニキビができにくくなると考えられます。
これに対して効果があるのが、避妊薬として使われている低用量ピルです。避妊以外にメリットがないと思っている女性も多いですが、低用量ピルには黄体ホルモンの働きを抑制して、過剰な皮脂の分泌を抑える作用があります。また、低用量ピルを飲むことによってホルモンバランスが整いやすくなるので、ストレスによる皮脂の過剰分泌も抑えられます。
低用量ピルの服用をやめると一時的に黄体ホルモンの分泌が乱れて、ニキビができやすくなることがありますが、数ヶ月もすれば黄体ホルモンの分泌が安定していくので、それほど不安になる必要はありません。
海外では避妊薬としてもよく使われており、医療機関でもそれほど高くない値段で手に入るピルですが、日本では病院処方が基本ですし、価格が高いことが多いです。
低用量ピルは比較的副作用が少ないですが、体質によっては副作用が強く出てしまうこともあるので、必ず医師に相談してから使うようにしましょう。
低用量ピルの効果が出やすいのは、あご、口まわり、ほお、首、などのフェイスラインにできる大人ニキビです。しつこい大人ニキビに悩まされている人は、一度検討してみましょう。