ピル(トリキュラー等)体験

私のピル体験談です

ピル体験談をネットに載せている女性

超低用量ピルであるヤーズの効能

超低用量ピルヤーズピルは黄体ホルモンと卵胞ホルモンの二種類の女性ホルモンから成る経口避妊薬です。
ピルの副作用は主に卵胞ホルモンに関係していて、卵胞ホルモンの量の違いで低用量、中容量、高容量というように分類されます。
卵胞ホルモンの量が、高容量は50マイクログラム以上、中容量が50マイクログラム、低用量が50マイクログラム未満となっています。
低用量の中でも特に卵胞ホルモンの量が30マイクログラム未満のピルを超低用量ピルと言います。
また、黄体ホルモンの種類によって第一世代、第二世代、というように分類する事が出来ます。
ヤーズは超低用量ピルであり、用いている黄体ホルモンがドロスピレノンという黄体ホルモンで第四世代となっています。
ヤーズは海外では主に避妊薬として用いられていますが、効能としては月経時の症状の中でも日常生活に支障が出るような月経困難症の改善が挙げられます。
ヤーズが保険で処方できるのは月経困難症に対してのみですが、効能としては他にもニキビの改善も挙げられ、海外ではこの効能を活かしてニキビの治療薬としても認可されています。
また、第四世代の黄体ホルモンであるドロスピレノンは、それまでの黄体ホルモンと比べて体内に存在している自然な黄体ホルモンに近い働きをするために、副作用が出にくいというメリットがあります。
ヤーズは従来のピルよりも副作用は少なくなっていますが、注意しなければならない副作用としては血栓症があります。
血管内に血栓が出来る事で血流が止まってしまいますが、最悪の場合は死に至るケースもあります。
ただ、血栓症になる確率は低く、医師の指示に従って処方されたのであればその心配はほとんど無いと言って良いです。